鉄板屋店員に教わった、フライパンでつくるカリカリじゃがばた - 休日のおやつ・簡単なおつまみにお勧め!

f:id:Taichi_Sasaki:20210123200416j:plain

はじめに

先週の土曜日15:00、私が実際にフライパンで作ったじゃがばたのご紹介です!元々このじゃがばたは、鉄板屋で働く知り合いに教えてもらった料理。そりゃ美味しいですよね。ジャガイモとバターと塩コショウで作れるお手軽料理、かつとっても美味しくできますので、ぜひ一度皆様にご賞味いただきたいです!

 

本記事の内容

題名の通り、フライパンで簡単に作れるじゃがばたのご紹介です。朝から仕事や勉強に励む方は「小腹満たし」はとても大切。私も休日はブログと勉強以外していないので、昼は食べないか少しつまむ程度。その際に作って食べています。工程を写真を載せながら紹介していますので、イメージを沸かせながらご覧になってください!明日明後日スーパーに行った際はジャガイモを買って来て下さいね!

 

 

フライパンでつくるじゃがばた - 作り方

用意するもの

f:id:Taichi_Sasaki:20210123200359j:plain

・ジャガイモ人数分(大き目ジャガイモ人数×1つ)

・バター、塩、コショウ

・調理グッズ(包丁、ピーラー、フライパン、蓋)

 

ステップ① 下準備

 ⅰ 一口サイズにカット

f:id:Taichi_Sasaki:20210123201112j:plain

f:id:Taichi_Sasaki:20210123201130j:plain

写真の厚さですと、少しホクホク感が残るくらいの触感になります。マックとケンタッキーのポテトに例えると、ケンタッキーよりです。カリカリで食べたい方は、もっと薄く、カットした方がカリカリしたじゃがばたになります!

 

 ⅱ レンジで先に熱を通す

f:id:Taichi_Sasaki:20210123201312j:plain

f:id:Taichi_Sasaki:20210123201435j:plain

f:id:Taichi_Sasaki:20210123201452j:plain

f:id:Taichi_Sasaki:20210123201512j:plain

もし皆様の家に「蒸し器」(肉まんとか蒸すやつ)があれば、それを使っても良いかも知れません。うちには無いので、キッチンペーパーを水で浸して、レンジ500Wで4分加熱します。この時点で結構ホクホクになってきて、良いにおいがしてきますよ!

 

ステップ② 調理

 ⅰ フライパンにジャガイモと調味料を投入して強火で熱する

f:id:Taichi_Sasaki:20210123202054j:plain

f:id:Taichi_Sasaki:20210123202110j:plain

それぞれ量はお好みで!私の場合は塩だけ少し多めの方が好きです!他の人の意見としては、バター多めが好きな人が多いみたいです。

 

 ⅱ 焦げ目がついたら蓋をして、中火で5分ほど置く

  (焦げ目を均等にするために途中揺らしてあげてください)

f:id:Taichi_Sasaki:20210123202401j:plain

f:id:Taichi_Sasaki:20210123202427j:plain

写真くらいに焦げ目がついてきたら蓋をして中火まで火を弱めます。このまま放置でも問題は無いですが、均等に焦げ目をつけるために1~2分おきに揺らしたらひっくり返したりした方がきれいな仕上がりになります。

 

 ⅲ 匂いを堪能する

f:id:Taichi_Sasaki:20210123202545j:plain

ひっくり返すのをサボった結果がこちらです。見事に底面だけ焦げました。奥の方にあるジャガイモさんはもっと真っ黒に焦げていました。写真からも分かる通りぶわっとじゃがばたの香りが広がりますので、結構ここで食欲が増します。

 

ステップ③ セット

 ⅰ ランチョンマットと特保のコーラを準備

f:id:Taichi_Sasaki:20210123202834j:plain

じゃがばた、ポテトと言えばコーラですが、気持ちだけでも健康に気を使った方が良いので、コーラは特保にしましょう。コップにはセブンの一番くじで昔もらった、ワンピースのキャラクターグラスを使用しています。

 

 ⅱ 実食

f:id:Taichi_Sasaki:20210123202852j:plain

盛り付けて完成です!お好みでケチャップやマヨネーズ、明太マヨネーズなどもどうぞ!

 

最後に

冒頭にも書きましたが、鉄板屋で働く友人に教えてもらった料理なので、まず間違いないです。主人が作れて奥さんも楽ですし、ポテトであればお子様も喜んでくれると思いますので、ぜひ今週の土日はカリカリのじゃがばたをご賞味下さい!それでは、最後までお読み頂き、ありがとうございました。