仕事や勉強の効率が上がる!ライフハック習慣7選 ー 1つでも身に付けると効果大!

f:id:Taichi_Sasaki:20210328071013j:plain

はじめに

ライフハック」という言葉をよく聞くようになった現代、それぞれの生活に合わせて効率化の習慣が取り入れられているかと思います。そこで今回は、どんな立場や状況の人でも役立つであろう、ライフハックの王道を厳選しお伝えして行きます!

 

仕事や勉強の効率が上がる!ライフハック習慣7選

質の高い睡眠をとる

私の経験上「ショートスリーパー」になる事は出来ます。実際私もそうで、睡眠時間は4~6時間、体調やリズムに合わせて睡眠時間を変えながら生活をしています。

睡眠時間が短くても日々活力あふれる生活が出来るようになったきっかけが、この「質の高い睡眠をとる習慣」を身に付けてからです。

睡眠は「質×時間」と定義し、ダラダラ質の悪い睡眠をとるより、きっちりと質の高い睡眠を短い時間で取るように工夫して生活しています。

そうする事で睡眠時間が短くなった今でも、日中は眠くならず効率よく生活する事が出来ています!

 

食事制限をする

最近は「オートファジー」という言葉が流行っているように「1日3食」に疑問を持つ機会が増えてきました。人類史上1日3食をしっかりとれるようになったのは最近の事で、それまでは1日1食が当たり前、人間の体はそこまで大きな変化をしていないことから、本来の動きに戻す方が体が楽という事です。

実際に食事制限を始めてみると最初は空腹感にやられそうになりますが、しばらくすると慣れてきます。そして更に慣れてくると 食べすぎ=疲れ を感じるようになり、自然に食事制限が出来るようになります。

また、空腹感を高めた状態での食事はそうでない時と比較して味覚が冴えます。これは経験しないと分からない部分だと思うのでぜひ味が明確にわかる感動を味わってみて頂きたいです。

 

サプリメントを取る

自分に不足する栄養素を考えて、サプリメントを取ることは重要です。私の場合は「魚油」や「カルシウム」「EAA」と言った、色々調べた上で自分が必要だと思うサプリメントを毎日取っています。もう数年間も毎日取っていますが、こればっかりは効果が明確に提示できません。ただ数年間風邪は引いていないので、健康には役立っていると思われます。

 

笑顔の練習をする

笑顔でいる事は全ての物事に置いてプラスに働きます。仕事中、プライベート中、一人でいる時もそうです。楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなると言われているように、常に笑顔でいる事は精神的にプラス作用が働きます。

また鏡の前で自分の笑顔を練習しておくことで、人と話すときの表情や写真に写る時の表情など、周りから自分がどう見えているかを知っておくことで自信に繋がってきます。特にビジネスで自信は大切な要素なので、練習する価値ありです。

 

読書の習慣を付ける

最強のライフハックの一つ「読書」。成功している人のほとんどが読書習慣があるのは皆さまご存知の通り。まだ習慣化していない人は、習慣化する努力をするようにしましょう。

本は1,500円~高くても5,000円で入手することができ、著者の人生をまるっと学ぶことが出来ます。こんなに時短でかつ有効な手段があるのかと言うほどのものなので、習慣化しないのは勿体ないですよね!

 

ポジティブな発言をする

ポジティブな発言をすることで、同じくポジティブな仲間が集まってくるようになります。みんな平等にポジティブやネガティブな感情は沸いてきますが、それを敢えて出さない、またポジティブに言い換えて発信をする心構えが、いつか心からのポジティブを形成します。

「思わない」ことは出来なくても「言い換える」事は誰でも出来るので、「大変→やりがいがある」「時間が無い→充実している」「疲れた→全力で頑張った」等、ネガティブなワードはどんどんポジティブに置き換えて発信して行きましょう。

 

自分から挨拶する

コミュニケーションは自分から。そしてコミュニケーションの始まりは挨拶から。これは鉄則です。人との出会い、人からのアドバイス、人からのぬくもり、そういった人との関係で人間界は動いている以上、コミュニケーション上手はライフハック上手になります。

そして自分から挨拶をしに行く事でどんどん新しい出会いや深いかかわりが増えて、様々な知識や経験を得ることが出来るようになります。

 

まとめ

どんな立場でも状況でも有益になるライフハック7選を今日はお伝えさせて頂きました。どれもやった方が良いと分かっていてもなかなか実践できていないものも多いはず。特に1つ目の睡眠の質は、1日の効率を決める最強の要素なので、まずは取り入れてみる事をお勧めします!

 

それでは、本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!